スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELSA NVIDIA GeForce GTX670

ELSA Japan様からGeForceGTX670を提供して頂きました。
早速グラフィックボードを付け替えました。
GeForceGTX460→GeForceGTX670

グラフィックボードを付け替える際に気になるのが、電源ユニットの容量です。
GeForceGTX670は、最小が550Wで推奨は650Wとなっています。

現在使用している電源ユニットは700W容量です。
なので推奨は満たしていますね。

●しばらく使用した感想(AVA)
一通りAVAをプレイし配信まで行ないましたが、問題なく軽快に動作しています。
FPS値に関しては爆破は200FPS付近をキープしていて、護衛では150FPS付近。
特に気になるカク付きもなく軽快な動作です。
これは単純にクロック性能の違いとも言えますが、
必要な電源に対して、高いパフォーマンスを引き出す事ができていて素晴らしいと思います。

●大きさ
グラフィックボードの奥行きサイズも205mmとコンパクトな筐体です。
電源ユニットからのケーブルをケースの蓋を開けて手前側に接続する仕様なので、
小さめのケースでも収まりがいいと思います。
※スロットは2スロット分のスペースを使用するので注意が必要

●ELSA GPU Optimizer
パフォーマンス・初期設定・エコと設定のプリセットが3つあります。
elsa_opt
上の画像はELSA GPU Optimizerの設定画面。パフォーマンスに設定した状態です。
オーバークロックと聞くと、間違って設定して壊したらどうしようっていう不安もありますが、
ワンクリックでプリセットの切り替えができて簡単です。

初期設定:初期の設定状態
パフォーマンス:性能を最大限に引き出した状態
エコ:消費電力を押さえパフォーマンスを少し下げた状態
※自分は常にパフォーマンス設定です。

●ファン騒音
起動時はファンの回転数も高く少々音が気になりますが、すぐに安定して静かになります。
体感的には以前使用していたGTX460の大きいファンの方が音は気になりました。
密閉型ヘッドセットを使用しているとまず気になりません。

●3D設定
conf1
conf2
※これは一応参考までに。

●総評
軽快動作で大満足。
日本語マニュアル付きと2年保障付きで、アフターサービスもばっちりです。
ドライバやELSA GPU Optimizerに不具合もなく、これといって不満になるような箇所は見当たりません。
これを機に重いなーと思っていたゲームをプレイしたり、いろいろ試してみようと思います。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2012年12月06日 06:07:27

レビュー参考にさせてもらいました~

ありがとうございます。

トラックバック

URL :

プロフィール

HyeNa_hR

Author:HyeNa_hR
Alliance of Valiant Arms
Name: HyeNa_hR
Clan: DeToNator/Galactic
Sensitivity: 4.5
Resolution: 4:3 1024*768

SuddenAttack(引退)
Name: W1nstoN/HyeNa..*
Clan: OS-R.Gaming,Awaker

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ニコニコ動画ランキング
アクセスカウンター
AVAランキング
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。